コンテンツへスキップ

キャッシングの利息は、変動する性質があります。利息が変動する要因としては、主に2つあるのです。

まず事例として多いのは、限度額に関わる変動です。というのも人々の限度額は、固定されているとは限りません。昇給などによって限度額が上がるケースも見られますが、それで利息が変動する事もあるのです。

と言うのもキャッシングでの利息は、限度額との相関関係が見られます。限度額が高めになれば、金利は低くなっていくのです。ですので昇給によって、金利が低くなるケースもよくあります。

それともう1つは、金融情勢に関わる変化です。株価などは常に変動していますが、あれは金融情勢が一因なのです。

そして情勢は、キャッシングの利息にも大きく関わってきます。その情勢が大きく変化すれば、利息も大きく変わってくる訳です

そして金融情勢は、たまに激変します。時には大規模な金融緩和が行われる事もあるのですが、それに伴って利息が変動する事例もある訳です。