コンテンツへスキップ

私は、元々給料が低い職に就いてたこともあり、色々な支払いも多く、決して安定した生活とは言えませんでした。

そんななか稼げる話を聞き会社を変えたことにより全てが変わってしまいました。

私みたいな頭かよくないものは営業とゆう職に就くしか選択肢が残されていませんでした。

ただ、実際、歩合制になるので契約を取れなければ給料も発生致しません。

そのおかげで前職の時より酷い状態で生活出来なかったのでキャッシングをすることになりました。

1番助かったところは、登録からキャッシングまでの流れが一日でできるところです。

無駄な手続きや面倒と思うような事がなかったので、とても簡単でした。

金額も高設定までいけるので、とても助かります。

会社によっては1ヶ月間無利息なんてすばらしいキャンペーンもあるので、使わずにはいられません。

ただ、実際借りれるとゆう安心感から多額の借金を抱えてしまうケースもあります。

実際、私もその一歩手前までいったのでよくわかります。

そうなってくると電話などがかかってくるので、あくまで自分の支払える金額までが丁度いいと思います。

先程にもお伝えさせていただきましたが、上限額まで借りれると思って安心してたら、後から痛い思いをすることになります。

家族にも迷惑をかける場合もあります。

借りるのであれば自分が返済できる金額までがいいとおもいます。

私がキャッシングをした理由は、普段からカードでの買い物が多く高いものなどは分割で支払いをしていたのですが、ある月の利用明細を見て自分の給料だけでは支払いが出来ず、頼る人もいなかったのでどうしようもなくキャッシングに手を出しました。

その後も足りない時やちょっと欲しいものがある度にキャッシングを利用してしまい、今ではキャッシングなしではどうしようもない状態です。

キャッシングをして助かった所は、急な出費やクレジットの支払いなど困った時にすぐにお金を借りる事ができ、周りにもお金を借りてる事がバレない事です。

しかしそれ以上に困る事があります。一度キャッシングをしてしまうと麻薬同様に中毒性の様なものがあり、一回借りたからまた借りよう、今月もちょっと厳しいから借りようなど、借りる事に対してのハードルが下がってしまい、今自分がいくら借りてていくら返すのかが分からなくなってしまいます。

その結果、毎月厳しくまたキャッシングをする負の連鎖が続きます。

キャッシングを考えている方は必ずキャッシングをしなくて済む方法を考えましょう。

それでもキャッシングをする場合は、必ず自分の収支に見合った金額を借りましょう。借りすぎない、贅沢しないこれを守ってください。

人によっては急な出費が重なったり、予想外の大きな出費があります。

そのようなときに、家族や友人からお金を借りる人も多いですが、自分自身で工面しなければならない人も多いです。

その際に便利なのが、キャッシングです。

しかし、キャッシングを利用するのであれば、身近なところですぐに借り入れの手続きをするのではなく、しっかりと比較をしたうえで借り入れをすることが重要です。

キャッシングをするにあたっては、借り入れをする期間や金額などで、返済する金額が大きく変わってくるため、しっかりと金融機関ごとに特徴を調べておくことが重要です。

もし、比較をする際にはインターネットを利用することが一番便利となり、自宅に居ながら金利や利息などの基礎的な情報を得られますし、複数の金融機関の情報を一気に調べることができます。

働いている方であっても仕事の空き時間や夜中でも調べることができるため、とても便利です。

最近では、キャッシングの条件を比較してまとめてあるサイトもあるため、短時間で情報を収集することができます。

また、キャッシングを行っている金融機関の評判や借り入れの流れなどもインターネットから入手することができるため、キャッシングをする場合はインターネットから調べてから借り入れをすることが重要です。