コンテンツへスキップ

キャッシングの審査基準は複雑で、意外と知られていない基準もあります。何が基準になるか、何が重要視されるかを知っているといいでしょう。

キャッシングは顧客のさまざまな要素を考慮して審査します。その要素とは、勤務先・雇用形態・年収・健康保険の種類・勤続年数などです。

また、初めての人がキャッシングの審査に通りやすいかといえば、そうではなく、逆に、取引実績があり取引期間が長く、かつ複数の借金を抱えている人の方が審査では評価が高いです。
これは、キャッシング業者が、長期間繰り返し借り入れを続けてくれる顧客を求めているからです。

キャッシングの審査に通るには、何よりも過去の金融機関との取引実績をきれいに保っておき、自分で信用力を高めることが大切です。

"世の中、正社員や契約社員といった雇用形態だけではなく、パートやアルバイトで生計を立てている人もいます。
特にアルバイトの場合、突発的に現金が必要となった際にはキャッシングを検討しようと考えますが、審査に通るか不安があると思います。

確かに銀行系カードローンの場合、審査が厳しくなかなか融資を受けられない場合がありますが消費者金融系カードローンであれば、審査が通る可能性もあります。
アルバイト勤務でも毎月一定の収入があれば、融資額は少ないものの契約することは可能です。

特にプロミスの場合、パートやアルバイトでも契約出来る可能性があり、希望額が50万円を超えなければ収入証明が不要となっています。
あくまで、一時的な利用や用途が明確になっている場合、20万円の融資額でも十分であり、アルバイトでも契約し易い金額となっています。
20万円なら毎月の収入からの返済にも余裕が確保できます。"