コンテンツへスキップ

消費者金融のキャッシングはウェブをはじめ様々な借入方法がありますが、返済も借入と同じく様々な方法が用意されています。

その返済方法の中でもとりわけ便利なのがコンビニのATMを利用しての返済です。

コンビニのATMはお店の営業時間と同じく24時間利用することが出来ます。深夜でも早朝でも自分の都合の良い時間に利用することが出来ます。

そして、そうした深夜、早朝の利用で気になる手数料ですが、基本無料で利用することが出来るので、手数料についての心配も不要です。

また、消費者金融のキャッシングは早く返済を終わらせるほど金利が低くなるため、財布の中身に余裕があるときに近くのコンビニから返済していけば、それだけ金利を抑えることが出来ます。

消費者金融のキャッシングは借りやすいだけではなく、返済もしやすいことから、今では多くの方達に利用されています。

一般的に大手銀行のカードローンと聞くと、金利条件は良いものの、申し込みの際に多くの書類提出が求められたり、審査に時間がかかったりするというイメージを持つ人は少なからずいると考えられます。

しかし三井住友銀行のカードローンならば大手銀行のカードローンでありながら、審査回答が早い上に提出書類無しで契約することさえも可能となっています。

三井住友銀行のカードローンは、すでに三井住友銀行の普通預金を持っていてインターネットバンキングでの申し込みが可能であれば、来店不要で契約ができ、最短30分で審査回答がもらえます。

また極度額300万円以内かつインターネットバンキングからの申し込みであれば、原則として書類の提出は不要で契約が可能となっています。

銀行ローンとは異なり、消費者金融から借り入れを行った場合、勧誘の電話を受けることがあります。見ず知らずの電話番号から突然電話があるため、不安に思う方もいる筈です。このような場合、不要な場合はしっかりと勧誘拒否を行う必要があります。

意思表示をしなければ何度も電話を受けることとになります。契約意思が無いことを伝えるだけで、向こう3ヶ月間は勧誘の電話が無くなります。これは自主規制により、契約しない意思表示で最低3ヶ月間、当面は不要という意思で最低6ヶ月間となります。

では、今後一切の勧誘を受け付けないということで勧誘が無くなるかと言うと最低1年間の停止期間しかなく、それを経過すると再び勧誘が行われてしまいます。そのため、完全に勧誘をシャットアウトしたいという場合については解約してしまうことがおすすめになります。

消費者金融の場合、契約はあるものの一定期間以上借り入れが無いという方もいます。このような場合、顧客情報が残っており、契約時の同意事項に基づき勧誘が行われてしまいます。そのため、同意事項を無効化する方法としては解約という手段しか無くなります。もし、勧誘を拒否したのにも関わらず、再勧誘を受けた場合は日本貸金業協会に相談するなど適切な対応を行うことをおすすめします。

会社からの給料の振り込みは、毎月28日になります。

私のまわりの方は、だいたい毎月25日に給料の振り込みです。

毎月25日に給料の振り込みがあると、その月の最終の休日である土日は、その給料で買いたかった物や、やりたかった事をすることができます。

しかし、毎月28日に給料が振り込まれる私の場合、その月の最終の土日は過ぎることがほとんどですので、次の月の最初の土日に、その給料でやりたかった事をするので、毎月25日に給料が振り込まれる方との交流ができません。交流というのは、飲み会をしたり、家族で集まって何かをするといったような事です。

私は、そういったお付き合いを大切にしたいと考えていますので、毎月25日に給料が振り込まれる方々に合わせるといった形で、カードローンを利用しています。

毎月25日にカードローンでお金を借り、28日に会社から給料が振り込まれ、その給料から次の月の最初にカードローンを返済するといった形です。

そうすることにより、私が大切にしている仲間との交流をすることにより、絆も強くなりますので、カードローンには大変感謝をしております。

カードローンは、しっかりと管理しておけば計画的に返済することができますので、危険なものではありません。

使い方によって、非常に便利なものです。

そして、月々の給料日前に、急遽お金が必要な時があります。私の場合ですと、車の修理でどうしてもお金が必要な時がありました。

そういった時でも、カードローンを利用することで、生活がうまく回ります。

ですので、カードローンには非常に助けてもらっています。