コンテンツへスキップ

一時的な立て替えとしてキャッシングを利用するなら、高額な限度枠は必要ないでしょう。30万円もあれば困ることはなく、大抵は10万円でも不都合は感じません。お金の使い方は性格が表れるものであり、あればあるだけ使いたくなる方は多いでしょう。こうした方は安易に増額申込みをして限度枠を増やすと、増額分を使い切ってしまう可能性があります。

金融機関としてはしっかりと返済してくれる人には積極的に融資をしてくれますが、借りる側としては借りれば借りるほど利息が大きくなります。また返済期間も長期化してしまうので、増額申込みをする前に本当に必要か今一度考えてみましょう。限度枠が大きくなると気持ちも大きくなり、ついつい高額な買い物をしてしまう人もいるでしょう。ムダ遣いをしないためにも、限度枠は大きくしすぎないのが得策です。

一般的に大手銀行のカードローンと聞くと、金利条件は良いものの、申し込みの際に多くの書類提出が求められたり、審査に時間がかかったりするというイメージを持つ人は少なからずいると考えられます。

しかし三井住友銀行のカードローンならば大手銀行のカードローンでありながら、審査回答が早い上に提出書類無しで契約することさえも可能となっています。

三井住友銀行のカードローンは、すでに三井住友銀行の普通預金を持っていてインターネットバンキングでの申し込みが可能であれば、来店不要で契約ができ、最短30分で審査回答がもらえます。

また極度額300万円以内かつインターネットバンキングからの申し込みであれば、原則として書類の提出は不要で契約が可能となっています。

銀行ローンとは異なり、消費者金融から借り入れを行った場合、勧誘の電話を受けることがあります。見ず知らずの電話番号から突然電話があるため、不安に思う方もいる筈です。このような場合、不要な場合はしっかりと勧誘拒否を行う必要があります。

意思表示をしなければ何度も電話を受けることとになります。契約意思が無いことを伝えるだけで、向こう3ヶ月間は勧誘の電話が無くなります。これは自主規制により、契約しない意思表示で最低3ヶ月間、当面は不要という意思で最低6ヶ月間となります。

では、今後一切の勧誘を受け付けないということで勧誘が無くなるかと言うと最低1年間の停止期間しかなく、それを経過すると再び勧誘が行われてしまいます。そのため、完全に勧誘をシャットアウトしたいという場合については解約してしまうことがおすすめになります。

消費者金融の場合、契約はあるものの一定期間以上借り入れが無いという方もいます。このような場合、顧客情報が残っており、契約時の同意事項に基づき勧誘が行われてしまいます。そのため、同意事項を無効化する方法としては解約という手段しか無くなります。もし、勧誘を拒否したのにも関わらず、再勧誘を受けた場合は日本貸金業協会に相談するなど適切な対応を行うことをおすすめします。

"世の中、正社員や契約社員といった雇用形態だけではなく、パートやアルバイトで生計を立てている人もいます。
特にアルバイトの場合、突発的に現金が必要となった際にはキャッシングを検討しようと考えますが、審査に通るか不安があると思います。

確かに銀行系カードローンの場合、審査が厳しくなかなか融資を受けられない場合がありますが消費者金融系カードローンであれば、審査が通る可能性もあります。
アルバイト勤務でも毎月一定の収入があれば、融資額は少ないものの契約することは可能です。

特にプロミスの場合、パートやアルバイトでも契約出来る可能性があり、希望額が50万円を超えなければ収入証明が不要となっています。
あくまで、一時的な利用や用途が明確になっている場合、20万円の融資額でも十分であり、アルバイトでも契約し易い金額となっています。
20万円なら毎月の収入からの返済にも余裕が確保できます。"

モビットは消費者金融なので金利が高く設定されていてしかも無利息期間のサービスがありません。そのため最初に借り入れた時から利息が加算されてしまうので利用者にとってはあまり良い話ではありません。しかしモビットは消費者金融の大手なので利用者は意外と多いのも特徴です。それではなぜモビットは利用者が多いのか見ていきましょう。

モビットはWeb完結申込が出来るので手続きに手間がかかりません。しかも審査時間も最短30分なので融資可能になるのも早いです。そのため金欠状態になっている人にとっては好都合なのです。

また金利が高く設定されていても少額だけ借りる分にはあまり影響しないしすぐ返済してしまえば問題ありません。モビットはこのような感じで利用している人が多いようです。