コンテンツへスキップ

定年退職後そしてシニア雇用終了後にカードローンの返済が心配!

社会生活を送る上で、定年退職や年齢的に働けなくなることは誰にでも訪れる問題です。
特にカードローンを契約している場合、退職したことを申告することで一括返済請求がされないか心配になります。
心配のあまり、退職したことを申告しないというケースも少なからずあります。

先ず、多くのカードローンは申し込み時の制限があるものの、定年退職や年齢制限を超えた場合でも一括返済の請求をされる心配は少なくなっています。
結果として、新規の借り入れが出来なくなるだけであり、返済自体は継続出来ます。

一括返済を心配して、退職したことを申告しないことの方が取引契約に違反する行為となり、一括返済の対象となってしまいます。
ただし、カードローンやキャッシングローンには完済時の年齢制限を設けていることもあり、一括返済請求が行われるものもあります。

重要なことは、定年退職までにタイムリミットが近い方は、契約内容を確認し、一括返済のリスクを回避することです。