コンテンツへスキップ

当時、どうしても欲しいバックがありました。しかし、お金がありません…。今考えるとお金貯めてから買えば

いいじゃない…そしてそんな事でお金を借りようとしなくても…と思います(笑)でも、その時はバックの在庫が

少なくどうしても欲しかったのです。そこで楽天会員だった私は楽天ローンで契約してキャッシングする事に

しました。会員ですと申し込みも簡単でネット会員になっておけば24時間365日スマホからキャッシングが可能

になっています。審査もアルバイトでも簡単に通りましたので安心です!

そして、そこでキャッシングして無事に欲しかったバックを手に入れました(笑)金利も全然高くないのでバックを

買うくらいの金額でしたら、すぐに返せました!

"世の中、正社員や契約社員といった雇用形態だけではなく、パートやアルバイトで生計を立てている人もいます。
特にアルバイトの場合、突発的に現金が必要となった際にはキャッシングを検討しようと考えますが、審査に通るか不安があると思います。

確かに銀行系カードローンの場合、審査が厳しくなかなか融資を受けられない場合がありますが消費者金融系カードローンであれば、審査が通る可能性もあります。
アルバイト勤務でも毎月一定の収入があれば、融資額は少ないものの契約することは可能です。

特にプロミスの場合、パートやアルバイトでも契約出来る可能性があり、希望額が50万円を超えなければ収入証明が不要となっています。
あくまで、一時的な利用や用途が明確になっている場合、20万円の融資額でも十分であり、アルバイトでも契約し易い金額となっています。
20万円なら毎月の収入からの返済にも余裕が確保できます。"

急にお金が入用になった時には、給料を前借りする方法もありますが、アルバイトにとっては少額のお金であっても時に重要な意味を持つでしょう。キャッシングの申し込みをしても、審査落ちした経験がある人にとっては、アルバイトではキャッシング審査に通らないのではないかと勘違いしてしまう人がいます。

しかし、全ての金融業者が雇用形態に対して貸付条件に合わないと門前払いしているわけではなく、短期やスポットバイトを除いた長期アルバイトであれば、安定した収入があると認めてくれる所があります。

最初からアルバイトでも申し込み可能としているキャッシングへ申し込めば、収入証明書類の提出を行なうことで審査に通ることを知っておくと良いでしょう。消費者金融の中には、柔軟な審査を謳う金融業者もあるので、貸金業法に基づく総量規制の範囲内であれば、利用可能枠の設定をしてもらえる可能性があります。

年収の1/3以内に貸付限度額が制限されますが、しっかりと申告と納税を行っているのであれば、アルバイトという雇用形態による審査上の不利益はありません。金融業者によっては、銀行カードローンのように最初から審査基準が厳しい場合には、アルバイトでも申し込み可能とは謳っていないので、最初から申込先候補に入れなければ良いだけです。