コンテンツへスキップ

一般的に大手銀行のカードローンと聞くと、金利条件は良いものの、申し込みの際に多くの書類提出が求められたり、審査に時間がかかったりするというイメージを持つ人は少なからずいると考えられます。

しかし三井住友銀行のカードローンならば大手銀行のカードローンでありながら、審査回答が早い上に提出書類無しで契約することさえも可能となっています。

三井住友銀行のカードローンは、すでに三井住友銀行の普通預金を持っていてインターネットバンキングでの申し込みが可能であれば、来店不要で契約ができ、最短30分で審査回答がもらえます。

また極度額300万円以内かつインターネットバンキングからの申し込みであれば、原則として書類の提出は不要で契約が可能となっています。

会社からの給料の振り込みは、毎月28日になります。

私のまわりの方は、だいたい毎月25日に給料の振り込みです。

毎月25日に給料の振り込みがあると、その月の最終の休日である土日は、その給料で買いたかった物や、やりたかった事をすることができます。

しかし、毎月28日に給料が振り込まれる私の場合、その月の最終の土日は過ぎることがほとんどですので、次の月の最初の土日に、その給料でやりたかった事をするので、毎月25日に給料が振り込まれる方との交流ができません。交流というのは、飲み会をしたり、家族で集まって何かをするといったような事です。

私は、そういったお付き合いを大切にしたいと考えていますので、毎月25日に給料が振り込まれる方々に合わせるといった形で、カードローンを利用しています。

毎月25日にカードローンでお金を借り、28日に会社から給料が振り込まれ、その給料から次の月の最初にカードローンを返済するといった形です。

そうすることにより、私が大切にしている仲間との交流をすることにより、絆も強くなりますので、カードローンには大変感謝をしております。

カードローンは、しっかりと管理しておけば計画的に返済することができますので、危険なものではありません。

使い方によって、非常に便利なものです。

そして、月々の給料日前に、急遽お金が必要な時があります。私の場合ですと、車の修理でどうしてもお金が必要な時がありました。

そういった時でも、カードローンを利用することで、生活がうまく回ります。

ですので、カードローンには非常に助けてもらっています。

キャッシングをまだまだ利用したことがないユーザーは、アルバイト協定で仕事をしていると、キャッシングの審査が落っこちるというような先入観を持たれているかもしれません。
しかし、今のキャッシングはそういうことはなく、アルバイトであっても普通に考査に通ります。
申し込みをするまま「勤続歴史」を記載する欄が出てきますから、そこに今のショップでどれくらいの歳月勤めるかを書くだけで大丈夫です。
ここで心配になるのが、アルバイト先にキャッシング店先のユーザーから在籍調べをやる場合があるということです。
今は、在籍調べに関してはすると明言している店先と、しないと頑として見せる店先とに分かれている。
ですから、申し込みをする際には、在籍確認があるかどうかを見てから申し込むと良いでしょう。
無論在籍調べは考査の一つですから、職種をしっかりしているということがキャッシング店先にうなずけるだけでも拠り所は上がりますし、考査の通り過ぎるレートも格段に上昇します。
アルバイトだからという理由では落とされませんから、安心して申し込みをして良いですし、お金が足りない顧客こそキャッシングを利用するべきなのは店先の方も知っていますから、なるたけ考査に通り過ぎるように様々な工夫をしている。