コンテンツへスキップ

キャッシングを利用していると、金利が高く毎月の利息が高くなったり、複数社からの借り入れで返済の手間が掛かります。

このような場合、借り換えによる金利の見直し、返済先の一本化が借り換えでは可能になります。しかしながらのタイミングを逃すと多重債務と判断されたり、キャッシングの利用頻度が多いために高い金利が適用され、結果として返済額の抑制が難しくなるなどの問題に繋がります。そのため、借り換えタイミングは常に2社以上になった時に見直しを検討するのがおすすめです。

借入額が膨らまなければ、多重債務と判断されるリスクも低くすることが可能です。先ずは、常に借り換えを意識してより好条件で利用することがポイントです。
もし、好条件でカードローンが契約できればその条件が維持され、将来的にもメリットとなります。