一般的に銀行の融資の審査は厳しく、消費者金融の審査が緩いと言われています。間違っているというわけではありませんが、銀行によっても審査基準はまちまちですし、消費者金融も審査基準は会社によって違っています。大手の消費者金融と比べると街金と呼ばれているような中小の消費者金融は審査が緩い目になっていますが、それでもその消費者金融の審査基準をクリアーしないと審査を通すことはあり得ません。

例えば、いくら審査が緩いと言われている小規模な消費者金融であったとしても、総量規制を越えて融資をすることはありません。なぜな総量規制を越えて融資をすることは貸金業法の違反となり摘発される可能性があるからです。どの消費者金融でも絶対に越えられない一線はあります。

キャッシングの審査では、正確性が求められます。間違った情報は伝達しないよう、気を付けた方が良いでしょう。

そもそもこの金融商品では、申し込みの段階で様々な情報を送ることになります。申込書やWEBデータなど形式は様々ですが、いずれにしても金融会社にはデータは送付するのですね。

問題は、その内容の正確さです。内容に誤りがありますと、審査落ちになる事例があるので要注意ですね。

特に気を付けた方が良いのは、住所に関する記載です。住所の番地の1文字を間違えてしまっただけで、審査で落とされてしまう事例もたまに見られます。

ですので申し込みデータを送付する直前の段階で、よく記載内容の見直しをする方が良いですね。焦ってデータを送付してしまいますと、審査落ちで手続きが遅れてしまいます。急いでいる時こそ、内容が正確か否かを慎重に確認すべきでしょう。