コンテンツへスキップ

当時、どうしても欲しいバックがありました。しかし、お金がありません…。今考えるとお金貯めてから買えば

いいじゃない…そしてそんな事でお金を借りようとしなくても…と思います(笑)でも、その時はバックの在庫が

少なくどうしても欲しかったのです。そこで楽天会員だった私は楽天ローンで契約してキャッシングする事に

しました。会員ですと申し込みも簡単でネット会員になっておけば24時間365日スマホからキャッシングが可能

になっています。審査もアルバイトでも簡単に通りましたので安心です!

そして、そこでキャッシングして無事に欲しかったバックを手に入れました(笑)金利も全然高くないのでバックを

買うくらいの金額でしたら、すぐに返せました!

レイクの審査オッズ

レイクってアコム、プロミス、アイフルにつぐサラ金4番手位の考え方がありますよね。レイクについて少し批評行なう。

1.レイクはサラ金会社ではない
意外かも知れませんが、レイクはサラ金では無く、銀行カード貸し出しになります。どう違うんだと言うと、業態が銀行カード貸し出しになりますと銀行法が適用され貸金業法が適用されません。つまりレイクからの負債は総量抑止の対象外になります。

2.気になる審査オッズは
レイクの審査オッズは季節毎にバラつきがあるものの、32?36%位で推移しています。サラ金最大手のアコムが45?48%位で推移しているのに比べて、審査は辛いと言えます。

銀行カード貸し出しに粘りが無いのでしたら、著名サラ金の方が審査オッズが大きいのでそちらを利用した方がいいでしょう。

キャッシングやカード貸出には、必ず審査があります。その評価は、どちらかと言うとゲストには嫌われることが多いものです。何より自分のマーケットに自信のないあなたにとっては、邪魔みたいなものに感じられてある。
しかし、ものは考えようだ。キャッシングには審査があるからこそ、ファイナンス不幸の護衛にも役立っているのです。前もってファイナンス不幸はディーラーにとって差し障りになるだけではなくて、ゲストにとってもマイナスになるのです。ですから、そうしたファイナンス不幸を多少なりとも燃やすために、評価は著しく貢献してくれているものなのです。
確かに評価にしたたるとガッカリしますし、その結果自体はゲストには残念ことです。しかし、だからと言って評価を無くしてしまえば、キャッシングの秩序が保てなくなってしまいます。その処遇・機構自体が崩壊してしまい、結果、誰もキャッシングを利用することができなくなって仕舞うことでしょう。
それに、極端に評価のなまやさしいディーラーは、ヤミ代などのブラックファイナンスかもしれません。ですから痛い評価のディーラーは、ヤミ代の負荷がないと図ることもできます。それゆえ、かりに大きいと映る趣旨のある評価でも、毛嫌いする重要などはありません。評価という分析実態があるからこそ、健全な借入れができるのです。

"世の中、正社員や契約社員といった雇用形態だけではなく、パートやアルバイトで生計を立てている人もいます。
特にアルバイトの場合、突発的に現金が必要となった際にはキャッシングを検討しようと考えますが、審査に通るか不安があると思います。

確かに銀行系カードローンの場合、審査が厳しくなかなか融資を受けられない場合がありますが消費者金融系カードローンであれば、審査が通る可能性もあります。
アルバイト勤務でも毎月一定の収入があれば、融資額は少ないものの契約することは可能です。

特にプロミスの場合、パートやアルバイトでも契約出来る可能性があり、希望額が50万円を超えなければ収入証明が不要となっています。
あくまで、一時的な利用や用途が明確になっている場合、20万円の融資額でも十分であり、アルバイトでも契約し易い金額となっています。
20万円なら毎月の収入からの返済にも余裕が確保できます。"

一般的に銀行の融資の審査は厳しく、消費者金融の審査が緩いと言われています。間違っているというわけではありませんが、銀行によっても審査基準はまちまちですし、消費者金融も審査基準は会社によって違っています。大手の消費者金融と比べると街金と呼ばれているような中小の消費者金融は審査が緩い目になっていますが、それでもその消費者金融の審査基準をクリアーしないと審査を通すことはあり得ません。

例えば、いくら審査が緩いと言われている小規模な消費者金融であったとしても、総量規制を越えて融資をすることはありません。なぜな総量規制を越えて融資をすることは貸金業法の違反となり摘発される可能性があるからです。どの消費者金融でも絶対に越えられない一線はあります。

キャッシングの審査では、正確性が求められます。間違った情報は伝達しないよう、気を付けた方が良いでしょう。

そもそもこの金融商品では、申し込みの段階で様々な情報を送ることになります。申込書やWEBデータなど形式は様々ですが、いずれにしても金融会社にはデータは送付するのですね。

問題は、その内容の正確さです。内容に誤りがありますと、審査落ちになる事例があるので要注意ですね。

特に気を付けた方が良いのは、住所に関する記載です。住所の番地の1文字を間違えてしまっただけで、審査で落とされてしまう事例もたまに見られます。

ですので申し込みデータを送付する直前の段階で、よく記載内容の見直しをする方が良いですね。焦ってデータを送付してしまいますと、審査落ちで手続きが遅れてしまいます。急いでいる時こそ、内容が正確か否かを慎重に確認すべきでしょう。