コンテンツへスキップ

消費者金融のキャッシングはウェブをはじめ様々な借入方法がありますが、返済も借入と同じく様々な方法が用意されています。

その返済方法の中でもとりわけ便利なのがコンビニのATMを利用しての返済です。

コンビニのATMはお店の営業時間と同じく24時間利用することが出来ます。深夜でも早朝でも自分の都合の良い時間に利用することが出来ます。

そして、そうした深夜、早朝の利用で気になる手数料ですが、基本無料で利用することが出来るので、手数料についての心配も不要です。

また、消費者金融のキャッシングは早く返済を終わらせるほど金利が低くなるため、財布の中身に余裕があるときに近くのコンビニから返済していけば、それだけ金利を抑えることが出来ます。

消費者金融のキャッシングは借りやすいだけではなく、返済もしやすいことから、今では多くの方達に利用されています。

銀行ローンとは異なり、消費者金融から借り入れを行った場合、勧誘の電話を受けることがあります。見ず知らずの電話番号から突然電話があるため、不安に思う方もいる筈です。このような場合、不要な場合はしっかりと勧誘拒否を行う必要があります。

意思表示をしなければ何度も電話を受けることとになります。契約意思が無いことを伝えるだけで、向こう3ヶ月間は勧誘の電話が無くなります。これは自主規制により、契約しない意思表示で最低3ヶ月間、当面は不要という意思で最低6ヶ月間となります。

では、今後一切の勧誘を受け付けないということで勧誘が無くなるかと言うと最低1年間の停止期間しかなく、それを経過すると再び勧誘が行われてしまいます。そのため、完全に勧誘をシャットアウトしたいという場合については解約してしまうことがおすすめになります。

消費者金融の場合、契約はあるものの一定期間以上借り入れが無いという方もいます。このような場合、顧客情報が残っており、契約時の同意事項に基づき勧誘が行われてしまいます。そのため、同意事項を無効化する方法としては解約という手段しか無くなります。もし、勧誘を拒否したのにも関わらず、再勧誘を受けた場合は日本貸金業協会に相談するなど適切な対応を行うことをおすすめします。

一般的に銀行の融資の審査は厳しく、消費者金融の審査が緩いと言われています。間違っているというわけではありませんが、銀行によっても審査基準はまちまちですし、消費者金融も審査基準は会社によって違っています。大手の消費者金融と比べると街金と呼ばれているような中小の消費者金融は審査が緩い目になっていますが、それでもその消費者金融の審査基準をクリアーしないと審査を通すことはあり得ません。

例えば、いくら審査が緩いと言われている小規模な消費者金融であったとしても、総量規制を越えて融資をすることはありません。なぜな総量規制を越えて融資をすることは貸金業法の違反となり摘発される可能性があるからです。どの消費者金融でも絶対に越えられない一線はあります。