コンテンツへスキップ

私がキャッシングをした理由は、普段からカードでの買い物が多く高いものなどは分割で支払いをしていたのですが、ある月の利用明細を見て自分の給料だけでは支払いが出来ず、頼る人もいなかったのでどうしようもなくキャッシングに手を出しました。

その後も足りない時やちょっと欲しいものがある度にキャッシングを利用してしまい、今ではキャッシングなしではどうしようもない状態です。

キャッシングをして助かった所は、急な出費やクレジットの支払いなど困った時にすぐにお金を借りる事ができ、周りにもお金を借りてる事がバレない事です。

しかしそれ以上に困る事があります。一度キャッシングをしてしまうと麻薬同様に中毒性の様なものがあり、一回借りたからまた借りよう、今月もちょっと厳しいから借りようなど、借りる事に対してのハードルが下がってしまい、今自分がいくら借りてていくら返すのかが分からなくなってしまいます。

その結果、毎月厳しくまたキャッシングをする負の連鎖が続きます。

キャッシングを考えている方は必ずキャッシングをしなくて済む方法を考えましょう。

それでもキャッシングをする場合は、必ず自分の収支に見合った金額を借りましょう。借りすぎない、贅沢しないこれを守ってください。