コンテンツへスキップ

銀行ローンとは異なり、消費者金融から借り入れを行った場合、勧誘の電話を受けることがあります。見ず知らずの電話番号から突然電話があるため、不安に思う方もいる筈です。このような場合、不要な場合はしっかりと勧誘拒否を行う必要があります。

意思表示をしなければ何度も電話を受けることとになります。契約意思が無いことを伝えるだけで、向こう3ヶ月間は勧誘の電話が無くなります。これは自主規制により、契約しない意思表示で最低3ヶ月間、当面は不要という意思で最低6ヶ月間となります。

では、今後一切の勧誘を受け付けないということで勧誘が無くなるかと言うと最低1年間の停止期間しかなく、それを経過すると再び勧誘が行われてしまいます。そのため、完全に勧誘をシャットアウトしたいという場合については解約してしまうことがおすすめになります。

消費者金融の場合、契約はあるものの一定期間以上借り入れが無いという方もいます。このような場合、顧客情報が残っており、契約時の同意事項に基づき勧誘が行われてしまいます。そのため、同意事項を無効化する方法としては解約という手段しか無くなります。もし、勧誘を拒否したのにも関わらず、再勧誘を受けた場合は日本貸金業協会に相談するなど適切な対応を行うことをおすすめします。

どうしても10万円という金額のお金が必要となってしまい、貸してくる知人も友人もなく、親に頼むわけにもいかないので金融機関から借り入れる運びとなりました。私が借り入れ先と選んだのは消費者金融のモビットでした。モビットを選ぶまで3時間ほどパソコンの前で悩みました。

消費者金融からお金を借り入れるのは人生で初めてのことでしたので判らないことも多く、失敗したくなかったのでキャッシングについて勉強するのに時間が必要だったのです。キャッシングについて学んでみて、消費者金融に申し込みをすると職場に電話がかかってくることを知りました。

在籍確認の電話と言って消費者金融に申し込すると行われる審査のひとつなのです。この在籍確認の電話をどうにしかして回避できないのかなと調べて辿り着いたのがモビットのWEB完結申込みというサービスでした。モビットのWEB完結申込みを利用して申請手続きをすると職場に在籍確認の電話がかかってくることはないのです。

この申請手続きを利用するにはモビットが定めている条件を揃える必要はあるのですが、その条件を揃えるのも私にとっては比較的楽だったのも幸いとなりました。その結果として私は気になっていて在籍確認の電話を回避してキャッシングに申し込むことができたのでした。キャッシングについて時間をかけて勉強して良かったと思っています。